タイ王国ガイドTOPに戻ります
タイ料理に欠かせないスパイスと調味料
カウ・カイティヤオ・ボゥサム
ブタ肉ミンチごはん「ムゥーサップ・カイダウ」を求めてプーケットのB級グルメ探索の旅。初日にたどり着いたのは上の写真「カウ・カイティヤオ・ボゥサム」というミンチ肉とタマゴが一緒に炒められたガパオ飯系の料理でした。
お店のヒトに「ブタ肉ミンチを甘辛く炒めて白いごはんにのっける」と説明したら「タマゴ要るか?」と聞かれたので目玉焼きのつもりで「いります!」と言ったらこういう料理が出てきました。
美味いけど、ピリ辛感が乏しく筆者を満足させてくれませんでした。この料理にきざみ海苔をトッピングすれば和食でいう「三色弁当」になりそうで日本人には食べやすい料理だと思います。
塩味が足りなければ、ナンプラー(魚醤)を足し、ピリ辛感が欲しければチリとかドライ唐辛子を、そして甘みを追加したいときは砂糖を好みに合わせて加えます。タイの食卓には独特の調味料が用意されています。マレーシアにはない食習慣です。
一緒についてきたスープにはゴロッとした野菜が入っていました。キュウリのぶつ切りかな?ナンテ思いながら口に運んでみるとアツアツ・ホクホクの冬瓜でした。コイツは文句なし!美味かった。(^_^)v

プーケットタウンの屋台にて
次章 天津飯のような豚挽肉いりオムレツに進む
タイ王国プーケットガイドTopに戻る

アセアンガイドのTOPに戻る
Tony's NetのHomeに戻る
Copyright ©2002- 2016 Tony's Net and Thailand Guide All Rights Reserved.