タイ王国ガイドTOPに戻ります
タイムスリップしたような感覚の厨房
カウ・カイティヤオ・ボゥサム(ブタそぼろ卵とじごはん)
筆者のB級グルメ散策の旅「プーケット編」も今日で前半戦終了。同じようなメニューばかりお伝えしてきましたが今日のカウ・カイティヤオ・ボゥサムは昨日の一品と同じ名前です。
言い替えれば偶然に巡りあえた一品です。昨日は「卵炒め」と書きましたが今日は「卵とじ」と書きました。カウ・カイティヤオ・ボゥサムは天津飯にのっけるオムレツのような卵焼きでした。
「ムゥーサップ・カイダウ」(ブタ肉ミンチごはん)を探していた筆者が、まだ目的のメニューの名前を探り当てていなかったため「白飯」+「ブタ肉ミンチ炒め」+「たまご」+「激辛チリ」と注文したら出てきた料理です。ナンとも美味いお料理でした。
メインの具材はブタ肉ミンチ。熱した油にブタ肉ミンチを入れて炒めます。調味料(砂糖・ナンプラー・化学調味料・塩)そしてチリを加えて味を調整します。味が決まったところにタマゴを流し込んでじっくり焼き目をつけたら出来上がり。
お店のご主人にお願いしてキッチンにも入らせていただきましたが、タイムスリップしたような厨房でした。写真には載っていませんが、薪を使ったオーブンやらコンロも現役で活躍中でした。

入り口は息子さんがやってる時計修理店の屋台にて
次章 ガパオ飯系「豚肉そぼろごはん」に進む
タイ王国プーケットガイドTopに戻る

アセアンガイドのTOPに戻る
Tonys NetのHomeに戻る
Copyright ©2002- 2016 Tonys Net and Thailand Guide All Rights Reserved.