Tony's Net>B級グルメ攻略法Topページ

B級グルメ攻略法

Foodは風土 その土地でしか味わえないB級グルメ攻略法

旅行の楽しみのひとつは、その土地でしか味わえない味に出会うこと。”Food”は「風土」ともいえるのではないでしょうか。多民族国家であるマレーシアでは、様々な民族料理を召し上がっていただけます。オープンエアの屋台村(ホーカーズ)で味わうB級グルメは早くて美味くて安い三拍子そろっています。

「マレーシア料理」をはじめ、中華料理(北京・四川・福建・潮州・海南・広東他)、インド料理(タミール・スリランカ・パンジャビ)、タイ料理、シンガポール料理、インドネシア料理、タイ料理などが本場の料理人が本格的な料理を提供しています。

マレーシアの古都「マラッカ」では地元マレーとチャイニーズの混血によるババニョニャ民族の「ニョニャ料理」や、マレーとインド系の混血による「ママッ料理」とか「チィッティ料理」、そして初代占領者の子孫(ユーラシアン)が今に伝えるスパイスの効いた「ポルトガル料理」も味わえます。下記のコンテンツリンクからお進み下さい。

B級グルメ攻略法 コンテンツリンク

大航海時代、胡椒は金と同量でトレードされていた

16世紀の大航海時代の幕開けの頃、東南アジアで栽培されていた胡椒やナツメグ、ターメリックなどの香辛料は西欧諸国で、金と同量で取引していた高価な物だったのです。大航海時代の覇者ポルトガルがアフリカ大陸南端の喜望峰を回航しインドに到達し、やがて艦隊はマラッカに到着。

当時のマラッカ王朝は、500を越える外国語が飛び交う国際交易港湾国家として海のシルクロードを支えていました。東は明王朝(現在の中国)、西はインドやアラブの商人がマラッカに集まり絹織物、陶器、茶葉、珈琲、香辛料、銀、錫、ガラス製品、ペルシャ絨毯などを交易トレードしていました。

初めてマラッカにたどり着いたポルトガル艦隊の書記官は「世界で最も繁栄した国際都市がマラッカ」と評した記録が残っています。貴重な香辛料がタダ同然で手に入る南洋の街は魅力的だったのでしょう。マラッカ王朝は大航海時代に帝国主義の犠牲となってしまい1511年ポルトガルに植民地支配されました。

その昔、スパイスは支配者を呼び寄せたが、移民も呼び寄せ多民族国家の礎を築いた

多民族国家だから本場の味が味わえるB級グルメ天国

以来、宗主国はオランダ、イギリス、そして日本と入れ替わり1957年にマレーシア連邦として独立するまで受難の時代が続きます。その間にも働き手として中国、インドからの移民を受け入れたマレーシアは茶・錫・天然ゴムなど天然資源に恵まれた地域として発展を続けます。

イギリス資本の茶の農場にはインドからの移民、錫鉱山開発と天然ゴム農園にはアヘン戦争で疲弊した清朝末期に、中国からの大量の移民が押しかけました。こうした移民が多民族国家の礎を築いたのです。

こうしたおかげで、21世紀の現在マレーシアではさまざまな国と地域の料理が、本場の味で楽しめるB級グルメ天国となったのです。

さまざまな国と地域の料理が、本場の味で楽しめるB級グルメ天国

トニー寛斎 筆者へのご連絡について

サイトの管理人トニー寛斎へのご連絡はtonyjsp@gmail.comのメールアドレスまでご連絡ください。メールの件名は、日本語でキチンと書き込んでください。件名の抜けているメールはGmailスパムメールフィルターで仕分けられ届かないこともありますのでご注意下さい。写真提供・撮影や旅情報・紀行文の依頼などは大歓迎します。

SNSではフェイスブックを利用しています。旅と写真が好きな方なら友達の申請、老若男女を問わず歓迎します。あんまり詳しくいないのでモタモタしていますが、必ずお返事するよう心がけています。
http://fb.com/tonyjsp/

リンクや著作権について

このwebサイト「B級グルメ攻略法」へのリンクは自由です。大歓迎します。原則としてTopページへのリンク(http://tonyjsp.com/food/)を希望しますが、各コンテンツページhtmlファイルに直接リンクしていただいても結構です。リンクのご連絡も不要ですが、メールをいただければ励みになります♪

このサイトの著作権は作者兼筆者であるTony's Net管理人Tony Kansai(トニー寛斎)に帰属します。閲覧以外の目的で写真や地図イラストなどの画像、文章の複写・転載及びコンテンツを無断で使用しないで下さい。無断使用の場合は、盗用のペナルティを含む使用料を請求します。

利用を希望される場合は使用目的とか使用の方法を明示して管理人へのメールにご連絡ください。正当な目的に沿った使用ならば、ご連絡いただければクレジット表記など条件付きの場合もありますが、ほとんど許可しています。

公開している情報の内容は正確を期していますが、「明らかに間違いだ」とか「表現が不適切だ!」というようなものがありましたら是非お知らせください。再調査・再取材の上、訂正や書き直しなど善処します。