Tonys NetB級グルメB級グルメの旅英文メニュー攻略法>西洋料理編

英文メニュー攻略 西洋料理編

英文メニュー攻略 西洋料理編

Chicken Chop チキン・チョップ

マラッカでチキンチョップというとチキン・ステーキではなく、鶏肉のカツを指します。どの店でも非常にリーズナブルな料金設定されています。

Classic Chicken クラシック・チキン

鶏のもも肉のチキン・ステーキです。ブラックペッパーソースかマッシュルームソースか?とかけるソースによって味が大きく異なります。黒胡椒が効いた辛いブラックペッパーソースか?マッシュルーム入りのデミグラスソースであっさりと鶏肉を味わうか?じっくり考えてからオーダーしてください。

Black Pepper Steak ブラックペッパー・ビーフステーキ

牛肉のステーキで( NZ )はニュージーランド産。( AU )はオーストラリア産を意味します。ローカルで産出される牛肉は繊維質が堅く、脂身が少なくステーキに向かないからです。ホテルやレストランではあえて価格の高い輸入肉を使用するところが多いからです。通常、肉の部位がかかれていないステーキには日本でいうサーロインが使用されています。

Rib-Eye Steak リブアイ

適度な脂身が柔らかさと美味さを引き立てる、ステーキの中の王様的存在。若干値段は張りますが、メニューにリブアイがあれば、迷わずチョイスしてください。おススメします。

Sizzling Steak シーズリング・ステーキ

シーズリングとは、鉄板のお皿を意味します。ステーキ肉が日本のステーキハウスやファミリーレストランでよく見かける木のトレーに鉄板がのったあのお皿で提供されます。肉の部位が注釈でシーズリングのあとに表記されることが多いです。

Lamb Chop ラムチョップ

ラム肉のステーキ。たいていのレストランでサーブされている人気のメニューです。骨付きのラム肉の醍醐味をご賞味下さい。

Lamb Steak Mary マレースタイル・ラム・ステーキ

ミントソースを使った甘辛い味のラム・ステーキ。

Fish & Chips フィッシュ・アンド・チップス

その名の通り白身魚のカツとフライドポテトの盛り合わせ。本場英国では当たり前のように食されている定番中の西洋定番料理。

French Fries フレンチ・フライ

日本でいう、フライド・ポテト。カリカリに揚げたポテトを塩味、もしくは甘辛いチリソースでおつまみにどうぞ。

Onion Rings オニオン・リング

タマネギのカリカリ揚げ。ローカルでは、隠れたヒット商品として一般のレストランから大手ファーストフード店まで行き渡っているメニューです。

Chicken Soup クリームチキン・スープ

チキンブイヨンがベースのクリームスープ。日本でも販売されているクノールやマギーがプライドをかけてマレーシア市場に攻勢をかけている戦略商品のようです。各地でプロモーションが展開されローカルでの消費量は年々着実に増えているようです。

Mushroom Soup マッシュルーム・スープ

マッシュルームがたっぷり入った、クリームタイプのスープ。

こうしたウェスタンフードは近年めざましく店舗数が増えてきています。マラッカでは、日本でいうファミレスタイプのお店が雨後の竹の子のごとく新店がオープンしています。


英文メニュー攻略法 目次に戻る

B級グルメ攻略法Topに戻る