Tonys NetB級グルメトロピカルフルーツ>さとうきび Tebu

さとうきび Tebu

さとうきび Tebu

竹のようにまっすぐ伸びて育つサトウキビ。トロピカルフルーツのジャンルに入るのか微妙ですが、熱帯気候でしか育たない植物なので、紹介しておきます。

マラッカでは、黒糖の原料に使うのではなく茎を機械で絞ってジュースにしてAir Tebuと呼ばれる飲み物として売られています。英語名はシュガーケーン(中国語:甘蔗水)は目の前でサトウキビを絞ってジュースにしてくれる屋台も多く、簡単に手に入ります。

サトウキビを目の前で絞るAir tebu屋台

屋台で飲むときは、ジョッキやグラスに入れてくれますが、持ち帰りを選択するとプラスティックの袋に入れて、ヒモで縛ってくれます。ストロー付きなのですが何となくアジアっぽい飲み物です。

味覚は、ただ甘いだけじゃない。いわゆる砂糖水とは違い、大地のミネラル分をきっちりと含んだ、深みのある甘いドリンクです。熱中症対策に効果を発揮しそうです。現地の人の多くは常温で氷ナシで飲んでいますが、日本人の味覚的には氷をたっぷり入れて冷たく冷やした物を飲むのが美味しいと感じると思います。

シュガーケーン(甘蔗水)

トロピカルフルーツ 目次に戻る

B級グルメ攻略法Topに戻る