Tonys NetB級グルメ屋台の味>サテチョロ(Satay Celup)

サテチョロ(マラッカ風カレーフォンデュ)

サテチョロ(マラッカ風カレーフォンデュ)

「サテ・チョロ」は、マラッカが発祥の名物料理のひとつです。わかりやすく説明するならば「マラッカ風・カレーフォンデュ」。テーブル中央にセットされたカレー鍋に、串刺しにした魚介類・肉類・野菜類を入れてゆで上がるのを待って(約1分)引き上げ、アツアツを食べます。

この食べ方が「チーズフォンデュ」に似ているので「カレーフォンデュ」と筆者が名付けました。地元ではSatay Celupと綴り「サテチョロッ」もしくは「サテチョロ」と呼んでいます。(Celupの最後のpは発音しません)。マラッカ風カレーフォンデュカレーの味は甘くて辛てスパイシー、そしてエスニックな南国風味。

食べたい串を自分で取ってくるセルフサービスのお店!サテ・チョロッ

食べたい串を自分で取ってくるセルフサービスのお店もありますが、原則としては次から次へとテーブルにあらゆる種類の串が運ばれてきます。豚肉ロース・豚のレバー・豚のミンチボール・ソーセージ・青物系野菜・はんぺん・赤貝の串・海老の串・油條・厚揚げ豆腐・オクラ・生チリはんぺん・ウズラのゆで卵・ワンタンなどなど店によって特色のある串が50種類を下りません。

『えらいこっちゃ。こりゃ食べきれんぞ!』と驚かんばかりの量が並べられますがご心配なく。食べ終えた串を数えて請求されますので、手を付けていない串は自動的に片づけられます。好き嫌いのある味付けなので「メチャクチャ美味い」とは書けませんが、マラッカにしかないメニューですからトライされてはいかがでしょうか?

筆者も食べますが年に数回食べに行くか行かないかの頻度です。なぜかというと、一度行くと40本ほど食べてしまい、しばらくの間見るのもうんざりするほど飽きてしまうし、日本人的にはちょっと甘くてどうしても食べたくなる味ではないのです。(^^;)

サテチョロ(マラッカ風カレーフォンデュ)Satay Celup

ブキッチナのサテチョロッ店舗が謎の人気沸騰

ここ数年、マラッカのサテチョロッ業界に異変とも思える行列のできるサテチョロッ店が話題を呼んでいます。店の場所はセント・フランシス・ザビエル教会の裏左手、ブキチナエリアのT字路の近く。夕方から午後9時頃まで延々と行列ができています。

キャピタル・サテチョロ(Restoran Capitol Satay Celup)というお店なのですが、SNSとローカルテレビ局、グルメ雑誌が取りあげてしまったので人気沸騰しちゃったみたいです。

マラッカの地元に住んでいる人たちは行列などは無縁でも、品質と味が安定しているジャラン・オンキムイー通りにある老舗に通っている人が多いように思います。

好きな具を好きなだけ食べよう!サテ・チョロッ