Tonys NetB級グルメ屋台の味>マレー風食パントーストアレンジ

ロッティカヤ 各種麺包

ロッティカヤの「カヤ」とはココナッツジャムトースト

ロッティ・カヤ(Roti Kaya)は、中国語で「麺包加椰」と書きます。マレー語で「ロッティ」はパンを意味し「カヤ」とはココナッツミルクがベースのマレーシア名物のジャムです。「カヤ」はスーパーやコンビニで食パン売り場にはかならず並んでいるマレーシアでは定番の商品です。

ココナッツ、ココナッツミルク、グラマラッカ(黒砂糖)、タマゴなどの原料に香り付けにパンダンリーフと呼ばれるハーブを使い蒸し上げた後、火にかけ水気を飛ばします。根気のいる作業なので家庭で作るのが減ってきたようですが、市販品とはひと味違うホームメイドの「カヤ」は、高値で取引されています。

さて、「ロッティカヤ」とは食パンをトースト、もしくはスチーム(蒸し上げ)したモノに「カヤ」を塗ったパンのこと。「ロッティカヤ トースト」もしくはマレー語で「ロッティ バカール サプ カヤ」(注・「バカール」は焼く「サプ」は塗るという意味)と注文するとココナッツジャムを塗ったトーストが出てきます。

あたためた食パンを希望するなら「ロッティカヤ スチーム」、マレー語では「ロッティ ククス サプ カヤ」(注・「ククス」は蒸すという意味)と注文して下さい。

ローカルのコーヒーショップなら必ず置いてあるメニューです。ローカルの人達は朝ご飯にしている人が多いメニューですが、日本人である筆者は午後のコーヒーを飲みながらおやつ代わりにロッティカヤを注文して空きっ腹を満たしたりしています。

マラッカでも珍しい炭火焼きのロッティバカール

ロッティ(食パン)のバリエーションあれこれ

ロッティカヤの他にもコーヒーショップには色々アレンジされたトーストメニューが揃っています。

ロッティ コソン ( Roti Koson )とは、食パンをそのまま注文するプレーンなトーストです。ローカルの人はテロウスパロウマサと一緒に食べたり、カレーの汁に浸して食べたりしています。中国語では「白麺包」と書きます。

ロッティ メンテガ( Roti Mentega )とは、トーストにバターもしくはマーガリンを塗った、日本でいうと「バタートースト」のことをさします。中国語では「麺包牛油」と書きます。

ロッティ カウイン( Roti Khawin )とは、前出のバタートーストにカヤを塗ったMIXトーストです。皆さんが、ローカルのコーヒーショップで「ロッティカヤ」と注文するとこのロッティカウインが提供されるかもしれません。トーストアレンジメニューの中で筆者のお気に入りはこのロッティメンテガです。

ロッティ カウイン( Roti Khawin )