Tonys NetB級グルメ屋台の味>ミーフンクエ(福建語) パンミー(広東語)

ミーフンクエ

ミーフンクエ(手で千切る"ほうとう"のような麺料理)

「ミーフンクエ」は練った小麦粉を伸ばして手でちぎって作る幅のある平たい麺を使った料理です。山梨県でお目にかかれる「ほうとう」に似ています。ワンタンミーやヒーキャオミーと同じようにスープ(汁)とドライ(乾)を選択できますが「ミーフンクエ」の場合、筆者のオススメはスープタイプ。

スープは鶏がらスープを沸騰させておきミンチ肉(鶏かブタ)を入れ煮立ててダシを効かせて、しょう油と塩で味を整えドンブリに注ぎます。福建語でミーフンクエといいますが、広東語ではパンミー:板麺といます。両者共に同じ屋台料理です。

水と塩で練り込んだ小麦粉を一晩寝かせてゴルフボール大に小分けして、手延べするか?麺棒や小型の製麺器にかけて薄く平らに伸ばします。伸ばした小麦を、一片あたり板チューインガムのサイズに手でちぎりながらグラグラ沸騰している熱湯に入れて茹で上げます。

手でちぎって鍋に投入するのでカタチはいびつですが、不揃いこそミーフンクエの特徴です。ゴルフボールのサイズ2~3個で一人前のボリュームです。時間にして約2分弱、麺がゆで上がったらザルですくい上げ、水気を切ってドンブリに入れてスープを注ぎトッピングを載せます。

ミーフンクエ

トッピングは、小松菜のおひたし、ソーテッドベジ(塩漬けの野菜)、薬味ネギそして唐揚げにした「イカンビリス」(小魚の干物:32章参照)をパラパラとふりかけたら出来上がりです。アツアツの「ミーフンクエ」をフーフーいいながら召し上がって下さい。麺の食感は、未体験の表面がヌルッとして噛みごたえあるコシのある麺ですが、食べ慣れるとその中途半端な歯ごたえが美味さに感じてきます。

スープタイプの調理法には朱色のチリソース(ドライタイプ用)は使えませんので、フレッシュのチリ(赤色)と小粒で激辛のチリパディ(緑色)の小口切りを取り皿に入れ、そこにしょう油を垂らしてお使い下さい。ラーメンを食べる要領で「白コショウ」をパッパッと仕上げにふりかけるのも「ツウ」な食べ方です。鶏ガラの効いたダシに、「イカンビリス」からにじみ出る「いりこだし」の香りがミックスされてまろやかでやすらげる味覚の料理です。

ミーフンクエ