Tonys NetB級グルメ屋台の味>カリーファン(加哩飯)

カリーファン(加哩飯)

カリーファン(加哩飯)

カリーファンは中華系の屋台の定番メニューのひとつです。大きめの平皿にご飯を盛りつけ、煮込んだ野菜をそえて、ぶつ切りにした鶏肉(骨付き)もしくは豚肉をトッピングしカレー汁をたっぷりかけて出来上がり。ゴロゴロしたジャガイモも欠かせない脇役です。サンバルチリという香辛料を好みで使いながら食べると味は格別です。

ココナッツミルクをたっぷりと使ったサラサラの汁カレーは暑さで弱った胃を優しく満たしてくれます。漢方汁で煮込んだゆで卵や厚揚げ豆腐、鴨肉(ロースト)やブタ肉の角煮もサイドオーダーすることができます。いずれのトッピングも一品50セントから1リンギットで追加注文できるのであれこれ頼んで食べ比べてみてください。

カリーファン(加哩飯)

余談ですが「カレー」と「カリー」という発音についてひと言申し上げておきます。「カレー」も「カリー」も同じメニューです。英語では「カレー」を<Curry>とアルファベットで綴り「カリー」と発音します。

筆者は言語についてのスペシャリストではありませんので詳しい説明ができませんが<R>の発音が日本語の「らりるれろ」とは基本的に違うようです。「カレーファン」と注文しても聞き取ってもらえますが「カリーファン」と発音した方が伝えやすいのでタイトルには、あえて「カリー」と表記させていただきました。

カリーファン