1. Tonys Net
  2. Nepal Guide
  3. ネパール料理
  4. チョプシー:Chopsuey
チョプシー:Chopsuey ネパール風の皿うどん

ネパール風の皿うどん「チョプシー」をご紹介します。「あんかけバリ焼きそば」と説明した方がわかりやすい方もいらっしゃるかも知れないですね。麺を油で揚げたバリ麺にあんかけをかけたバリ焼きそばです。

九州地域で暮らしている方にはチャンポン麺の太さの麺を使った「皿うどん」と表現した方が伝わりやすいお料理です。

いわゆる皿うどんです。ネパール風五目あんかけバリそば「チョプシー」はほっと安心して食べられる和風中華の味がします

本サイトのネパールガイドで紹介済みの「トゥクパ」(ネパール風汁そば)に使う中華麺を油でカリッと揚げたバリそばをベースに使います。メインの具はチキン(鶏肉)やバフ(水牛)のお肉を使います。まずフライパンに油を注ぎ加熱し塩コショウで味付けしたお肉を炒めます。

キツネ色に仕上がったら手早くタマネギ、ピーマン、ニンジン、カリフラワー、キャベツなどをざく切りにした野菜を入れ合わせながら炒めます。野菜から出てきた汁の量が少なければ、少量のスープ(水)を加えココで用意しておいた水で溶いたスターチ(片栗粉)を加え仕上げます。トッピングに薄焼きたまごをざく切りにしたモノを散らせば出来上がり。

バリッと揚がったカリカリ、サクサクの麺が野菜タップリのあんかけにミックスされてあっさりと召し上がっていただける一皿です。

長崎名物皿うどんとの決定的な違いは、海老と竹輪(ちくわ)のスライスを具に使わないコトでしょうか?ネパールは四方を山に囲まれた山岳国家なので海産物は貴重品であり市内のローカルマーケットでほとんど見かけることはありません。シーフードはとても高価で貴重なモノなのです。

さて、今回ご紹介したチョプシーはネパールで一般的なメニューではありません。どのレストランでもオーダーすることはできませんがもしもメニューにチョプシーが載ってたら是非注文してみて下さい。懐かしい和風中華の香りがする逸品です。美味さは保証しますぞ。