1. Tonys Net
  2. Nepal Guide
  3. つなぎ方
  4. 無料国際テレビ電話
ボイスチャットで無料国際テレビ電話?とネットカフェの裏技

ネパールのネットカフェで流行りはじめた音声(ボイス)チャット。パソコンをネットに接続しソフトをダウンロードしてセッティングします。あとはイヤホンマイクを繋げるだけで任意の相手先と音声によるチャット通信が楽しめます。パソコンが相手ならネパール国内だけではなく世界のどんな国や地域にも国際電話料金がかからず通話できるのです。

ネパールで最近、流行りだした音声チャット。イヤホンマイクと、CCDカメラは必需品

静止画ですが、数秒単位のコマ送りでコチラの映像を同時に送信する事も可能です。テレビ電話みたいな音声チャットがネット回線接続だけで国際電話料金がかからずに通話できるのは魅力ですね。この画像送受信には双方のパソコンにCCDカメラが必需品です。

CCDカメラといっても最近は価格が下落傾向にありますのでずいぶん安く手にはいると思います。IDD(インターナショナル・ダイヤル通話)に比較すると音声がやや貧弱ですが遠距離恋愛の強い味方になるコトは間違いなし。ぜひ一度お試しください。

このネットカフェの社長。トレッキングガイドも現役でこなす筋金入りのナイスガイ!ネットカフェにまつわる裏技をいろいろ教えていただきました(感謝)

ネパールで外国人観光客が出入りする地域では、街をうろつく犬や猫の数より多く見かけるネットカフェ。どの店でも同じかな?と思ってネパール滞在中いろいろな店に入ってパソコンを触らせていただきました。結論から申し上げますが、店の格差はピンキリでした。

写真では紹介していませんがカトマンズのタメルの中央にあるスーパーの2階にあるCYBERNETC@FE(カトマンズゲストハウスのすぐ近く)が一番高級店だと思います。ココは回線も太くサクサクつながるし、モニターも目に優しい液晶画面を使っていました。店員さんが冷たくサービスが悪い店ですが、店内は広く明るいのでパソコンを熟知している人にはオススメできると思います。

価格は安いが・・・使っているパソコンが旧型でおまけにダイヤルアップで繋いでいるため画像を含んだ重いサイトのページ(Tony'sNetもそのひとつです)がなかなか表示されないお店もあります。こういう店でネット接続するとイライラしてしまうので、早々に切り上げて次の店に行った方が得です。

筆者がカトマンズ滞在中、お世話になっていたのはMeeting Adventure Communication(本章その1で紹介済み)というネットカフェです。この店のパソコン本体はずいぶん昔の旧型マシンですが、回線はブロードバンドADSLのLAN接続なのでサクサクつながります。おまけに、店員さん(社長含む)がパソコンのエキスパートなのでもしも不具合があれば即修復してくれます。日本語での読み書きもOSのセッティングをチョチョイのチョイとしてくれるのでパソコンに詳しくない方でも安心して使えます。

タメル地区の「Z」ストリートを入った右奥にありますので、是非お立ちより下さい。最後になりましたがこのネパールガイドの更新のためほぼ毎日通っていたネットカフェの知られざる実情をご紹介しておきます。ネパールのネット接続は、日本のそれに比べてずいぶん遅いのです。現地時間の午前9時から午後9時までの時間帯は混雑しています。午後4時から午後8時が混雑のピークでMSNのホットメールや、ヤフーメールのTopページからサイン・インするのに5分以上かかるコトもあります。

ログインしているヒトの数が多すぎるためこういうネット過密渋滞に陥るのです。こういう場合は、つながっているだけで時間のロスですから早々に見切りを付けてビールでも飲んで時間をつぶし、午後9時以降に再度繋いでみて下さい。驚くほどサクサクつながります。一番空いている時間帯は早朝7時から9時までの2時間です。当サイトの現地からの更新は現地時間の朝7時にやっていました。HTMLファイル(ホームページ)と画像を合わせて1~2メガの転送ですが、早朝なら10分以内にアップロードできるのです。筆者もこの実情を知らずに当初一番混雑している午後6時頃に繋いでいましたが1時間がんばってもアップさせる事ができないくらい状況でした。(汗)

ADSLや光接続が標準の日本のネット事情からすると想像もできない稚拙な回線ですね。しかし、日本でも昔はテレホーダイの時間が始まる午後11時~深夜12時頃まで回線がパンクして繋がらなかった時代もあったんですからね~。(古い話でスミマセン)

本章はこのページが最終章です。最後までお読みいただきありがとうございました。