Tonys NetB級グルメ屋台の味>チャーシューファン 叉焼飯

チャーシューファン 叉焼飯

チャーシューファン 叉焼飯

日本のラーメンのトッピングに欠かせない「チャーシュー」を一口サイズにカットしてごはんに載っけたワンプレートランチを「チャーシューファン」と呼んでいます。

人気のメニューですからほとんどのホーカーズ(屋台村)で見かけます。漢字で「叉焼飯」と書きます。日本の叉焼と異なるのは焼き豚の姿と形。肉の部位や焼き方・使う調味料によって違う名が付いています。

代表的な3種類を解説します。まず「チャーシュー」(叉焼)発音は日本のそれによく似ていますが脂身がなくパサパサした感じに仕上げられています。豚ロースの肉の脂をこそぎ赤身部分だけが使われています。焼く前に食紅に浸けているため切り口の周りが紅色に染まっているのが特徴です。

「BBQ・バーベキュー・ポーク」と呼ばれている焼き豚

「BBQ・バーベキュー・ポーク」と呼ばれている焼き豚には多少の脂身が残っていて、蜂蜜入りの照り焼きのタレのようなモノをからめてこんがり焼き詰めていきます。少々甘口に仕上がっていますが、炭火でローストする際の微妙な焦げ具合が何とも言えない風味を醸し出している一品です。

3番目にご紹介するのは「シォバ」。マラッカでは漢字で「焼肉」と書いてシォバと発音します。日本の「豚の角煮」などに使う豚の三枚肉を50センチ四方に切り取り、塩味を効かせてから表面がカリカリになるまでじっくり焼き上げます。

シォバを1cmほどにスライスしてからたんざくの形に切り取って食べるのですが、自然な焼き豚の香り、適度な塩味、カリッとクリスピーな外側とまさに三拍子そろった焼き豚といえるでしょう。

チャーシューファン 叉焼飯

チャーシューファンのトッピング

焼き豚以外のトッピングには、中国野菜の炒め物(青菜)、高菜炒め、モヤシ炒め、小麦粉を混ぜて油で炒めた卵オムレツ、中華ハム(軟らかいポーク・ジャーキー)、などのサイドオーダーが楽しめます。

チャーシュー・ファンの白ご飯には特製のタレか、カレー汁をぶっかけることも出来ます。忘れちゃいけないのがチリソース。各店こだわりの味で調理していますからいろいろ試しながら召し上がってください。マラッカのイチオシ叉焼飯屋台の情報はコチラから。

チャーシューファン